大切な親族がこのような争いに巻き込まれないように、今から準備できることはあるのでしょうか?
その役目を担ってくれるのが遺言書なのです。
遺言書の内容は、相続手続きにおいて最も優先されます。財産をどのように分配するかを予め決めておくことで、相続人同士の無駄な争いを未然に防ぐことができるのです。
また、遺言書さえ書いておけば、残された相続人としても「故人の意思」と思えば、多少の不満があったとしても受け入れやすくなります。
遺言書は、残された親族に今から準備してできる思いやりの1つと言えるでしょう。
ここ最近のデータによると、遺言を書く人の割合が年々増えてきているようです。
遺言があれば、残された家族の相続手続きが軽減されたり、トラブル防止に役だったりと、いろいろなメリットがあります。しかし、遺言は法律に定められた形式で書かなければ無効とされる場合もあり、注意が必要です。
ここでは、遺言によってどんなことができるのか?ということを一緒に見ていきましょう。
遺言書には、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3つの種類があります。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、よく考えて自分に合ったものを選びましょう。
ただし、遺言書には法的に定められた事柄が数多くありますので、実際の作成時には専門家への依頼すをおすすめします。それでは、3つの遺言書についてメリット・デメリットを見てみましょう。

自筆証書遺言

公正証書遺言

秘密証書遺言

自筆証書遺言

公正証書遺言

秘密証書遺言

自筆証書遺言

遺言者が遺言の全文・日付・氏名を自筆で書き、押印して作成する遺言書です。
紙とペンさえあればいつでも作成可能ですから、費用も掛からず手続きも簡単です。しかし、パソコン、ワープロでの作成、代筆は認められませんので注意が必要です。
遺言者が遺言の全文・日付・氏名を自筆で書き、押印して作成する遺言書です。
紙とペンさえあればいつでも作成可能ですから、費用も掛からず手続きも簡単です。しかし、パソコン、ワープロでの作成、代筆は認められませんので注意が必要です。

メリット

デメリット

公正証書遺言

遺言を公証人に書いてもらい、かつ、原本を公証役場で保管してもらう遺言です。 遺言者は、公証役場で二人以上の証人の立ち会いのもと遺言内容を話し、公証人がその遺言内容を書き留めます。
遺言を公証人に書いてもらい、かつ、原本を公証役場で保管してもらう遺言です。
遺言者は、公証役場で二人以上の証人の立ち会いのもと遺言内容を話し、公証人がその遺言内容を書き留めます。

メリット

デメリット

秘密証書遺言

遺言者が適当な用紙に遺言書を作成し、自署・押印したうえで封印します。これを公証役場に持ち込んで公証人および証人の立ち会いのも下で保管を依頼します。
遺言の内容は公開せずに、遺言書の存在のみを明確にしておく方法です。
遺言者が適当な用紙に遺言書を作成し、自署・押印したうえで封印します。これを公証役場に持ち込んで公証人および証人の立ち会いのも下で保管を依頼します。
遺言の内容は公開せずに、遺言書の存在のみを明確にしておく方法です。

メリット

デメリット

遺言執行者は証人になれますが、未成年者推定相続人受遺者やその配偶者直系血族は証人にはなれません。
また、公証人の配偶者四親等内の親族書記、雇用人も証人になることはできません。
遺言書が完成すると、さて、この遺言書をどこに保管しておけばいいのか?という問題が発生します。
せっかく作成した遺言書ですが、相続人に見つけてもらえなければ何の意味もありません。
逆に、隠されたり、勝手に書き換えられたりする可能性もありますから、そういった心配のない場所に保管する必要があります。
公正証書による遺言の場合は、遺言書の原本が公証役場に保管されていますので、相続人に遺言書が公証役場にあるということを伝えておけば大丈夫でしょう。
公証役場であれば、遺言の内容が書き換えられたり、閲覧されたりする心配もありません。
司法書士には守秘義務がありますので、遺言書の存在が第三者に知り渡ることはありません。
よって、遺言書の存在すら秘密にしておくこともできます。
親族などに預ける方法もありますが、法定相続人など相続に利害関係がある人に預けるのは避けるべきです。
相続とは無関係の第三者に保管してもらいましょう。また、遺言で遺言執行者を決めた場合は、遺言執行者に預けておくと良いでしょう。
相続対策丸ごと代行サービス

生前相続対策業務

生前相続対策のサポートはお任せください!
家業、家屋、土地・田畑や先祖のお墓の管理や相続のこと 相続税節税のために今からできる節税対策など、将来に備えて準備すべきことが沢山あります。
ご家庭事情により財産の種類や、遺産分割のご希望、適用できる相続税控除は異なります。
まずは何から整理をして、何をすればよいのかを専門家が一括アドバイス サポートを行います。
相続税は、将来どれくらいかかりますか?
まずは、どれだけ相続税がかかるかを把握し、その上で必要な対策を検討します。
1 – 相続税は、将来どれくらいかかりますか?
まずは、どれだけ相続税がかかるかを把握し、その上で必要な対策を検討します。
あなたが持っている財産は不動産と預金、どちらが多いですか? 不動産が多い、預金が多いなど財産の種類によって適切な対策方法が違います!
2 – あなたが持っている財産は不動産と預金、どちらが多いですか?
不動産が多い、預金が多いなど財産の種類によって適切な対策方法が違います!
次の世代の相続対策を考えるべき財産はありませんか? 家族関係によって、相続税の減額控除が使える場合と使えない場合があります。
3 – 次の世代の相続対策を考えるべき財産はありませんか?
家族関係によって、相続税の減額控除が使える場合と使えない場合があります。
ご家族関係や財産状況に応じて、必要な対策や手順は異なります。 将来の遺産分けをイメージすることで、今すべき対策や施策がはっきりします。
相続対策のためは、本人が亡くなった際の相続人は誰か、相続分はどれ位あるか 確認しておく必要があります。 推定相続人を確認するために必要な戸籍等の収集を行い、相続関係説明図を作成します。
相続税シミュレーション(相続税診断) 相続税が将来かかる可能性があるか、かかる場合はどのような対策を行うべきかを計算します。 シミュレーション後には、提案書をお渡しいたします。
生命保険を活用することで、手軽に節税ができます。 相続対策をきっかけに、今までかけてきた保険の見直しも可能です。
単に他の口座に送金するだけでは、「みなし贈与」と呼ばれるように、贈与とはみなされずに 税務局から却下されることがあります。贈与契約書の作成と正しい手続き方法をアドバイスします。
税理士の提案方法によって、相続税の課税額が変わってくるため、専門家を選ぶことが重要です。 同業者として専門性の高い税理士さんをご紹介いたします。
遺言は、決められた書式や内容を守らなければ無効となってしまいます。 また、遺言がある故に争いになってしまうことは避けるべきです。 専門家が想い実現のためのサポートを行います。
遺言作成後、公証役場からの修正指示の対応や、公証役場での証人立会いなど 遺言作成に必要な各所との手続きを代行します。