相続の手続きには大きく分けて5つの種類があります。 期限が決まっているものも多いので、段取り良く行っていくことがポイントとなります。 ここでは、5つの種類について順番に見ていきましょう。
相続の手続きには大きく分けて5つの種類があります。 期限が決まっているものも多いので、段取り良く行っていくことがポイントとなります。 ここでは、5つの種類について順番に見ていきましょう。
遺産相続でトラブルになりやすいポイントはほとんど決まっています。
それでもトラブルが後を絶たない理由は、相続の具体的な流れを、相続人同士が把握していないことが挙げられます。

逆にそのポイントを押さえて、段取り良く対処すれば、トラブルのない相続を行うことができるはずです。

遺言書とは、自分の死後に財産が意図したとおりに分けられるように、書き残しておくものです。遺言書がある場合は、遺言書の内容が再優先されます。

遺言書がない場合は、民法で定められた範囲の人が、定められた割合で財産を引き継ぎます。 これを法定相続人・法定相続分といいます。

※順位とは、「順位が上の人がいないときだけ、次順位の人が相続人となる」ということです。

配偶者がいない場合は、相続する人数で遺産を分割します。

代襲相続とは、相続開始のときに、本来相続人になるはずの子がすでに亡くなっているほか、 相続欠格や相続人の廃除によって相続権を失っている場合、 その亡くなった子の子(孫)が相続人になることを言います。

孫が相続人になります。孫もすでに亡くなっているときは、ひ孫が相続人になります

甥、姪が相続人になります。

養子は配偶者との間に生まれた子と同じ相続分になります。

離婚した配偶者との間に生まれた子も、現在の配偶者との間に生まれた子と同じ相続分になります。

遺産というと不動産や金融資産といったプラスの財産をイメージしがちですが、マイナスの財産の存在を忘れてはいけません。

民法では遺産の評価方法は定められていません。
一般的には時価で換算しますが、評価方法によって相続税の評価額が変わってきたり、民法と税法上では、遺産の対象とその評価の扱いが違ってきますので、最終的には専門家の判断が必要になります。

特に相続税が発生するような案件の場合、評価額の違いで納税額に大きな差が出てくることになるので、注意が必要です。

財産がプラスかマイナスかを調査した後、相続するかどうかを決めることになります。相続の方法は次の3つの方法があります。

単純承認 プラスの財産の方が多い時
プラスの財産もマイナスの財産もあわせてすべての相続遺産をそのまま相続する方法です。
限定承認 どちらが多いかわからない時
プラスの財産とマイナスの財産を差し引きしてプラスであれば、プラスの部分だけを相続する方法です。ただし、限定承認する場合は、法定相続人全員が共同で申し立てする必要があります。
相続財産の放棄 マイナスの財産の方が多い時
プラスの財産もマイナスの財産もどちらも相続しない方法です。相続が開始したことを知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に対して相続放棄の申立をします。
亡くなった人の財産は、いったん法定相続人全員の共有状態になります。
そして、法定相続人で遺産分割協議を行い、遺産をどのようにわけるのかを話し合います。
以下は、遺産分割協議の6つの方法について簡単に解説したものです。
遺言書の内容に沿って分ける方法です。亡くなった人が遺言書を残していた場合、まずは遺言の内容が最優先されます。
法定相続人全員の参加と同意のもと協議して分ける方法です。結果的にどのような内容の分割になったとしても、全員の同意が得られれば協議は有効です。
遺産を現物で分ける方法です。
すべての相続人に均等に分けることが難しい場合、その差額を金銭で支払うなどして代償を付加します。
遺産を売却して現金に代えてから分割する方法です。
現物を分けると価値が下がってしまうものなどがある場合、この方法が取られます。
遺産の現物を1人または数人の相続人が受け取り、その現物に相当する現金を他の相続人に支払う方法です。
遺産を相続人が共有で所有する方法です。この方法で共有した財産を利用したり売却したりするには、共有者全員の同意が必要になりますので、その後の管理には注意が必要です。
遺産分割協議がまとまれば、必ず遺産分割協議書を作成しておきましょう。
遺産分割協議書は、後日のトラブル防止はもちろん、不動産の所有権移転の登記の際や、預貯金を引き出す際にも必要になるケースがあります。
遺産分割協議書を作成しましょう